看護師家庭臨床

今の看護師の現状をご存知でしょうか?看護師離れが進み、どこの病院も看護師が不足して、ベッドの数に対して患者様を受け入れられない所が多くなっています。市場としては看護師は必要とされており、割と好条件をのんででも就職して欲しいという求人で溢れています。また、看護師自体も診療科ごとや身体の各部位、疾患別などに専門性が細分化されて、その分野における専門的な精度の向上を求められる時代になっています。ですから、従来よりもより専門的に患者様に接することができるようになったことで非常にやりがいを持ちやすくなっています。今後さらに高齢化が進み、日本人一人当たりの介護負担も上昇すると思われる中で、看護師は今の社会になくてはならない存在なのです。

看護師不足の病院が増えている

看護師の不足している病院や施設が増えていると上記にも述べましたが、では実際どういった問題が生じているのでしょうか。まず当然ながら、看護師一人あたりの患者を見る人数が増加し、それだけ書類やカルテの管理も増加します。また、法的に定められた診療報酬について述べますと、看護師一人当たりに10人患者を見ている病院より、看護師一人あたり7人患者を見ている病院に対しては診療報酬を上げて設定してあります。これは、看護師自体の負担の軽減を図れるほか、患者側に立ってもより時間を割いてみてくれる割合が増えるわけですから、相互にメリットがあります。ですから、病院側もベットを全て稼動して、患者様に対しての看護師の割合を7:1で保持するために看護師の数が必要なのです。この病院や施設の現状というのは、都心部よりも地方に多く、国立病院などの大きな施設よりも中小病院や施設かけて増加傾向にあります。

 

 

ブランクがあっても優遇される看護師の転職

看護師という職はどうしても女性が多いため、結婚や家庭が忙しくなったり、出産などの節目を機に離職してしまう方が非常に多い職種です。そして、離職した方が数年後に復職するかというとその数はあまり多くないのが現状です。看護師になりたい人の数は減少せず毎年1万人ほどの看護師が増加していますがまだまだ、看護師の数は足りないのです。看護師などの医療分野というのは経験が大事な所も当然あり、離職してからでも経験を活かして、働ける病院や施設は多いです。より専門性を高める環境が整いつつある現代の医療分野というのは、幅広い分野で経験を得てきた現在離職中の方が復職することが非常に大事です。自分にあった好条件を提示した上で、あなたの経験を活かしてみるのはいかがでしょうか。

 

好条件での看護師求人を探すならこちら!

保険の基礎から学びましょう!

セールスに言われるがまま保険に契約してしまった方や、保険を難しく感じすぎてかなり年齢を重ねても保険に関して関心を持てなかった方も見えるでしょう。保険は、一見難しい条件などたくさんあるように思えますが、一つ一つの保障や保険料の支払いなどの条件がきちんと定まっていないと、お金の問題は大変な事になるからです。保険というのは、学生時代にきちんと深くまで学ぶ事がないために、社会人になってから手を出しにくい方も多いのです。きちんと基礎から学んで自身にあった保険の選び方や、見直し方法を学んでいきましょう。

保険とはどういったものなのか

保険というのは、どういったものかといいますと、万が一の事態が明日起きたときに何も準備をしていなかったり、大金が必要になったときに保険に加入しておけば保障を受けることができるといった事です。貯蓄をいくら定期的に行ってきても、すぐには貯蓄も溜まりませんし、毎日の家計の運用にも差があるため、すぐには用意できないことが多いです。例えば万が一の事故で自動車を弁償しなくてはならない、事故にあった方の手術代や入院費の支払いが必要になった場合に、100万円単位の額が必要になるとします。そんな大金をすぐに支払ってしまっては、家計や食費、子どもの教育にも影響を与えかねない事態です。また、働き手がもし休職を余儀なくされた場合、給料が入ってこないなんて事も考えられます。そういった万が一のために保険というのは必要になってくるのです。

保険料と保障の支払いに関して

では、保障を受けるとなった際にどうして保険はまとまった額の保障を支払う事が可能なのでしょうか。保険というのは、貴方の保障に基づいた毎月の保険料が設定されていますが、この保険料の支払いだけで、貴方の保障がなされるわけではありません。保険加入者全体が保険料を支払い、万が一の事態が起きた際には、全員が支えて支払いが行われる仕組みになっています。人間の人生には先の未来に何が起きるか分かりません。また、その先の不安も自動車の事故が怖い方や、子どもの養育費に不安を感じている方、老後に不安を感じている方など様々です。先の未来を予測すればするほど、不安な事は見えてくるものなのです。そんな先の不安を保険加入者全員で保険料を支払いあって、万が一の事態があった時に向けて準備をしていくといった仕組みになっています。槽考えると、自身の保険料が積み立てられているわけではなく、他の方の助けにもなっていますし、自身に何かがあった時には助けてもらう立場になるので、この助け合いの精神も保険のよさといえますね。